« 婚活ミュージカル「ベリーロールであなたのもとへ」 | トップページ

2016年11月17日 (木)

スターリンに消された作曲家とサブカルチャーに抵抗する作曲家たち

161117かなり奇妙なタイトルですが、2016年度の日本・ロシア音楽家協会の主催コンサートです。

最初に、ロシア・アヴァンギャルドの作曲家を取り上げようという話になりました。ロシア・アヴァンギャルドの作曲家たちは、例外無く当時のソヴィエト当局と対立する立場に立たされる事となった訳で、その多くは亡命を余儀なくされる事となり、今回取り上げるモソロフに至っては、シベリアの強制収容所へ送られてしまいました。翻って考えるに、現在の日本の作曲家たちは、当局との軋轢からは無縁であっても、サブカルチャーという大きな波との軋轢があるのは自明の理です。そういう観点から、タイトルとキャッチコピーが作られた一種の企画コンサートとなりました。

モソロフはシベリア送りにされたという事で象徴的な作曲家ですが、もう一人のルリエーは、ロシア作曲家としては最初に図形楽譜を書いた事で知られています。この人はソヴィエト連邦成立の時は、たまたまパリにいて、そのまま帰れなくなり、追い打ちをかけるようにソヴィエト当局によって演奏禁止の処分をされたという作曲家です。興味を覚えた人は、是非聞きに来てください。

今回は私も新作「ピアノソナタ第2番」を発表いたします。私自身は、サブカルチャーに属すると思われるミュージカル作品の作曲もしていますので、今回のコンサートのタイトルにはちょっと居心地の悪さというか、こそばゆい感覚が無いでもありませんが、その辺は大目に見ていただきたく思います。

日時は11月17日、場所は豊洲シビックセンターホールです。

|

« 婚活ミュージカル「ベリーロールであなたのもとへ」 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98169/64045341

この記事へのトラックバック一覧です: スターリンに消された作曲家とサブカルチャーに抵抗する作曲家たち:

« 婚活ミュージカル「ベリーロールであなたのもとへ」 | トップページ