« April 2005 | Main | June 2005 »

05/27/2005

作曲事始(4)

今まで、書いてきましたように、かなり小さい頃から作曲をしていました。じゃ、作曲家になろうと思ったのはいつからか、といいますと、あまりはっきりとは覚えていません。将来どうするかなんて、ほとんど考えていなかったのが正直なところですね。唯一覚えている事は、中学の時に部活に先輩がやってきて(おそらく何処かの音大に行っていた人なのでしょう)、一通り練習に付き合った後、「トロンボーンで音大に行けるぞ」と言われた事です。その時の私の反応は、声にこそ出しませんでしたが、「そんなのイヤだ!」というのもですね。えっ、どうしてかって?、いや、その後に「同じ行くなら作曲だ!」と続くんですね。だからと言って、それだけが選択肢と思っていた訳ではありません。当然ながら大学より前に高校がありますから。

高校では、オーケストラ部に所属いたしました。これは、中学の部活の1年先輩の人たちが3人も行っていましたので、私もその後に続くことは既定の方針になっていましたね。そして、オーケストラではチェロをやることも規定の方針でした。何故かといいますと、中学の時に吹奏楽器や打楽器は、学校の楽器をいじったりして、ほとんどそれなりに演奏できるようになっていました。後輩に熱心なトロンボーン吹きが来てくれたおかげで、練習の時、足りないパートがあれば、トロンボーンは彼に任せて、自分は足りない所のパートに行ったりしていました。で、興味は未知の楽器である弦楽器に移っていったのは当然の流れだったと考えています。弦楽四重奏曲を作曲したのも、自分がチェロを担当するつもりだったんですね。

さて、高校時代に書いた曲は、5つあります。この数は、実際少し問題で、まず、曲集が2つあります。そして、受験時代に書いたソナタやフーガはカウントしていません。受験の課題はテーマが決まっているため、1から作曲するのとは違っていますし、だいたい、書いた曲数がわからなくなっています。5つの作品は、共にピアノ小品集にあたる、作品8の「コンポジション」(全6曲)と作品9の「スケッチ・ブック」(14曲目が書きかけ)、そして作品番号は付いていませんが、「弦楽のための交響曲(第1番)」、「弦楽四重奏曲(第2番)」と、「3つの情景」というタイトルのオーケストラ作品です。

Continue reading "作曲事始(4)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/23/2005

作曲事始(3)

中学時代の作品で、現在も私の作品表に載っているただ1つの作品は、「弦楽四重奏曲」です。正確には、その後にも何曲か書いていますので、自動的に「弦楽四重奏曲第1番」というタイトルに変わる事になります。この作品については別項を立てて書きたいと思いますので、ここでは、それ以外の作品についてです。

作品1の「ピアノ5重奏曲」は、明らかにブラームスとフランクの5重奏曲を聴いて、影響されて書いたものです。と言ってもどちらの曲にも似ている訳ではありませんが、いろいろと手探りで書いている状況は良くわかります。出だしが、「エロイカ」の4楽章に似ていたりして、なかなか笑えます。3楽章形式の終わりまで書いた事に意義があるだけだと思います。

Continue reading "作曲事始(3)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/22/2005

作曲事始(2)

先に書きましたピアノソナタは、6年生の時の夏休みに書いていたように思います。6年生の2学期に転校しているのですが、その転入した学校で誰に聞かせると言うのでもなく、弾いていた事を覚えています。作曲の途中の曲をそんな所で弾いたりしないはずです。ただし、出来ていた1つの楽章だけを弾いていたという事も有り得ます。

その後の話は、大体中学の頃の話になってくると思います。中学からは、ブラスバンドに入りました。ちなみに、最初に選んだ楽器はトロンボーンです。何故トロンボーンかと言いますと、その時点で一番知識と実際のギャップがあった楽器で、実物で確認したい事がたくさんあったからです。小学校の時からいろいろな楽器に対する興味があり、少し前の時期には、クラリネットに興味を持っていたのですが、どういう手だてだったのか記憶がありませんが、トレーニング・クラリネット(どんな物か想像がつきますか?)という物を手に入れて、一応好奇心を満足させる事が出来たという事がありました。それとは別ですが、何かの製品を買った時の、抽選でプレゼントがもらえるというクジが大当たりで、クラシック・ギターが手に入ったという事がありまして、一応弦楽器に対する好奇心は満足させる事が出来ました。そうなると、次は金管の番なのですが、ピストンの構造は知識だけで理解出来ましたので、理解がイマイチ及んでいなかったのが、トロンボーンだったという事です。こう書いていくと、けっこうややこしく感じますね。

Continue reading "作曲事始(2)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/16/2005

作曲事始(1)

作曲を始めた頃についてなんとなく書いて見たいと思います。

初めにちょっと触れておきます。私の生年月日は別に秘密ではありませんが、ここではそれとわかる書き込みはしないつもりです。知っている人は知っていますし、興味のある人は調べる手だてがたくさんありますので、いちいち書く必要はないと思います。それよりも、特別な興味も無いのに、そういう情報を知りたがる人(個人情報をメシのタネにするような人ですね)が見ているかも知れない場所に、いきなり羅列する事は避けた方が良いように思われるというわけです。ご理解いただければと思います。

さて、何時から作曲を始めたという事については、明確な記憶がありません。記憶に残っている事は、歩いていて・・・・何の目的で、どこを歩いていたのかが全く記憶にありません。とにかく歩いていて、ふとメロディが頭に浮かんできて、それを忘れないように、忘れないように、忘れないように、気をつけながら急いで家に戻り、楽譜に書きとめた事です。小学生の頃、たぶん3年生くらいの時です。書いて、ほっとして、ピアノで弾いてみたら、頭の中に鳴っていた音楽とは全然違っていて、びっくりした、というか、がっかりした、というか・・・これが、おそらく記憶の中では一番古いものです。

Continue reading "作曲事始(1)"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

05/12/2005

鏡の国のアリス(15)

やっと、音楽の録音の準備が整いました。CubaseにMIDIデータを移植してありますが、そこにオーディオ・トラックを作成し、後のミキシングの事も考え、原則1音色ずつ別々のトラックに録音しました。何曲か、完全に忘れていて、「こんな曲だったんだ」と改めて感激したものがあった事も付け加えておきましょう。

さらに、当時の再現ばかりでなく、1曲ずつ検証し、音が足りないと感じる曲は(中には、即興演奏の音が別に加わる設定になっていた曲もあって、当然、単独では音が少なめになるように作られています)、新たに音を足したり、音色が古臭いと感じるものは、音色を変えたり加えたりという作業もしました。音色を加えるに当たって絶大な威力を発揮したのが、もともと持っていたRolandのJV-1080です。

この作業は順調に進み、現在、全曲の音楽の録音は出来上がり、ラフ・ミックスも製作してあります。ラフ・ミックスは、曲順を再検討する目的で作りました。何十回か聞き直して、微調整しながら、最善と思う曲順を決定いたしました。ここまでが、本当に現在の状況です。

で、現在大きな問題を1つと小さな問題がいくつか残っています。

Continue reading "鏡の国のアリス(15)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/11/2005

鏡の国のアリス(14)

さて、中古楽器店と言っても、実店舗を構える店はそう多くありません。知っている範囲のいくつかを回ってみましたが、当然ながらそう見つかるはずがありません。従って、ネット上で探す→ヤフオクに行き着くのは必然のコースと言えるでしょう。ヤフオクには、かなりの品揃えがあり、他と比較してもその点ではピカイチでしょう。

ところが、最初に失敗してしまいました。YAMAHAのTX81Zが出品されているのを発見したのですが、谷川氏が使っていたのは、同じくYAMAHAのTX802です。この2つがどう共通していて、どう違うのかがわかりません。YAMAHAのホームページを見てもそんな過去の製品の情報など出てきません。当時のカタログ等でもないかと、いろいろ探したのですが、TX816が最新機種として載っているものが見つかっただけです。さて、オークションの終了時間も迫ってきますし、現在の価格もむしろ安いくらいですので、思い切って落札してしまったのですが、これが失敗でした。

Continue reading "鏡の国のアリス(14)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/10/2005

鏡の国のアリス(13)

ある程度、準備が整った時点で、作曲家のメンバーに電話をしてみました。こちらにある機材だけでは、再現が難しいと思いましたので、「再録音を考えているので、機材を貸してほしい」と頼むつもりでいました。ところが、最初に森本浩正氏に電話して、びっくりいたしました。彼はいつの間にか、シンセサイザーの音楽から足を洗っていて、機材類は全部処分してしまったとの事です。「これからはアコースティックの時代だよ」って、それは個人的な主義主張の問題ですから、否定はしませんが・・・・、良く考えてみれば、彼の性格では今のように猫も杓子も、MIDIだDTMだという時代になってしまうと、逆に興味を無くしてしまうのもわかるんですが・・・・・・・。さらに、角篤紀氏に電話をしたら、音色データのフロッピーが増えてしまって困ったので古いものは処分したとの事です。「昔の曲には拘らないのでね」って、それもわかりますが・・・・、こちらには彼の曲の音色データは無いんですよ。

沖田大介氏は、シンセサイザーは今はあまり使用していなくて仕舞い込んであるとの事です、これは大きな問題はありません。谷川賢作氏はたまたま不在で連絡が付きませんでしたが、上記2人の事があり、あらためて電話する気が失せたので、年賀状に連絡事項も書き添えて投函しておきました。さて、どうしましょうか。

Continue reading "鏡の国のアリス(13)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/09/2005

鏡の国のアリス(12)

前回、録音した時は、権利関係が問題となる森本氏の何曲かと、その他にも実現が難しいと感じた何曲かを除いて、再構成するつもりでした。で、新たに1曲歌の曲を作曲いたしました。谷川俊太郎氏のアリスという詩は3部構成になっている事は触れました。舞台の時は、1を森本氏、谷川(賢)氏、角氏が担当し、2を沖田氏、3を私という形でしたが、1と2について、私も作曲してみようとして、まず2を作曲いたしました。1に取り掛かる前に中断しましたので、1曲だけ増えた事になります。1は既に3人分3曲あり、それを先に聞いていますので、やりにくいですね。どうしようか・・とやっているうちに中断になったんですね。

今回CD化を考えるについて、先ず前回やろうとしていた曲を減らした上での再構成という形は止めにして、出来るだけオリジナルに近いものを再現しようという考え方に変えました。権利関係が気になる森本氏の曲については、本人の許諾を得て再録音する形ならば、レコード会社(この場合はソニーですね)の権利には何ら抵触しない事を確認いたしました。私が後から作曲した2を、除くべきかどうかという事も検討しましたが、オリジナルにも即興演奏の部分があり、それを再現するのは難しく、逆に新しい曲が、即興演奏の代わりとして上手く作用しそうでしたので、その曲も含め、MIDIデータとして残っている曲を全曲収録するという形がベストという結論になりました。曲数は全部で29曲、内訳は、角氏、谷川氏、沖田氏の3人は歌1曲、インスト4曲ずつ、私は歌2曲とインストは同じく4曲。森本氏は歌1曲とインスト7曲ですが、イントロとエンディングの2曲は、音色が異なるだけで同じ曲です。

Continue reading "鏡の国のアリス(12)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/06/2005

鏡の国のアリス(11)

画像は、当日のチラシです。せっかく手元にありますので、資料としてアップいたします。

     saishiki1

さて、後日談です。

Continue reading "鏡の国のアリス(11)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/05/2005

鏡の国のアリス(10)

実は、1日目から2日目にかけては、時間軸に沿った総括的な意味での記憶が無いのです。もちろん断片的な記憶はありますし、それを脚色を交えて語る事は出来ますが、あまり、そんな事をしても・・・とも思います。

ご多分にに漏れず、けっこうガタガタしていたという事です。舞台作りの場における舞台稽古、ステージリハーサルというのは、その場その場に出現する問題やら課題やらに、どう臨機に対応していくかという事であるのは、別に今回の場合でも、他のオーソドックスな劇公演の場合でも、基本的には同じ事ですね。シーン毎に、出の位置や立ち位置を決めたり舞台変換のタイミングを決めたりというのは、通常の劇公演の舞台稽古でも必要な事ですが、そういうものも当然出てきます。

Continue reading "鏡の国のアリス(10)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/02/2005

鏡の国のアリス(9)

スタジオ200というスペースは、現在はありません。池袋西武デパートの建物の中にデパートとは別な一画としてありました。あまり良く覚えていませんが、西武電車の正面改札口からは一番遠い部分、現在ブックセンターになっている場所の手前だと思います。自動車の乗降場所のようなスペースがあって、その近くのエレベーターで8階に行くしかコースが無かったはずです。前衛的なアートに使用できるスペースというコンセプトで、コンサートはもちろん、シアターや展覧会場にもなっていたようです。今から考えれば、バブルの時期を過ぎれば、簡単に閉鎖してしまうという、それだけの価値のものだったという事になりますね(少なくとも大西武グループにとっては)。

1990年の6月1日の午前(9時でしたっけ?)用意万端整えて、「いざ出陣」と言う感じで集合しました。

Continue reading "鏡の国のアリス(9)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »