« 電子音楽な日々(4) | Main | 電子音楽な日々(6) »

08/12/2005

電子音楽な日々(5)

シュトックハウゼン作曲、"Nr.3 Elektronische Studien Studie II"について、もう一つ続きです。

作品の1つ1つの音は、全部用意が出来ました。後は、それを最終的にまとめる編集作業になります。楽譜(前回掲示いたしました)には、時間軸が記載されています。この時間軸には、各イベント(この曲の場合はそれぞれの音の始まりと終わりのポイントになります)間の、時間が1/10秒単位で書かれています。順番に足していけば、どの音が、曲が始まって何秒後から何秒後までの間に鳴る音であるかが、わかります。当然ながら、一覧表を作成する事になりました。気の遠くなるような作業ではありますが、単純作業ですので、作業そのものが難しいわけではありません。

次の作業は1つ1つの音を切り出す作業です。切り出すというのは、録音テープの音の入っている部分だけを取り出す事で、その前後の部分は本当にハサミで切断してしまう事になります。その作業に入る前に、万一に備えてバック・アップを用意するのは当然の手順です。また、切り出したテープが判別出来るように印を付けなければなりませんし、音の出だしの部分にもマークが必要になります。その方法は、録音されていない側に専用の筆記具で書き込みを入れます。この筆記具は、名称は忘れてしまいましたが、色は黄色で、柔らかい色鉛筆のような感じのものです。色鉛筆でも代用は出来たはずですが、当時はテープのメーカーから専用のものが発売されていましたので、それを使っていました。テープの前後を間違えないようにする事も重要です。尤も、これについては、後で聞いた時にミスを発見出来れば、それから修復する事も出来ます。ミスを聞き分ける事については自信がありましたので、それほどは心配していませんでした。

さて、いよいよ、テープを繋ぎ合わせる作業に入ります。その前に、切り出したテープの実際の長さ・・・・当然ながら時間的な長さが基準になるのですが、この段階に至ってしまうと何ミリメートルなのかという物理的な長さに変換して考える事になります・・・とにかく実際の長さに則して微調整をする作業もあります。また、音の無い部分にはリーダー・テープ(録音するための磁気が装着されていない、つまり録音出来ないテープです)を使うわけで、その長さの計算もしなければなりません。音が重なっている部分はどうするかと言いますと、重なった数だけ別々にテープを作り、後から同時に再生して、オーディオ的にミックスするという方法です。そんな複数のテープを同時にならす方法では、時間的にずれてしまうのではないかという人もいると思いますが、人間の耳で聞き分けられるほどのずれは生じません。いや、正確に言えば、人間の耳で聞き取れるほどずれてしまうような精度の悪い機材は使っていません。

ここで、ちょっとした細工を施しました。出来上がった作品は、学内の発表コンサートで演奏(?)される事になっていましたが、そのコンサートでは、4組のスピーカーを用意して会場の4方向に設置する予定となっていました。この曲は、シュトックハウゼンの指示では、モノラル再生になっているのですが、1950年代ならともかく、多チャンネルを通常的に使用出来る時代になって、モノラル再生に拘る必要は無いはずで、4チャンネル再生用に編曲(?)する方が良いという事に決しました。これは、ほとんど自然発生的に決まったので、誰が最初に言い出したのか記憶がありません。とにかく、全員がそう思っていたという事なんでしょう。で、実際に4チャンネルに振り分ける編曲(?)は、私が中心になって行いました。なぜかと言えば、私が一番時間の自由が利いたという事です。どうしてかって・・・・そうなるように履修計画を立てていたんですよ。

さて、シュトックハウゼン作曲の"Nr.3 Elektronische Studien Studie II"という歴史的な作品の4チャンネル編曲(?)の再演(?)ヴァージョンはこうして完成いたしました。このヴァージョンを聴きたい人もいるでしょうね。しかし、著作権処理をどうするのかというのが問題です。芸大の学内で発表するのならば、学術研究の発表という形ですので問題ありませんが、CDなり、ネット配信なりになると、どうなるのか、実はまだ調べていません。こういう作品ですので、通常の著作権処理では対処出来ない可能性がありますし、何よりも、製作に係わった全員の同意が必要となるはずです。実は、私が参加する以前に係わった人が誰なのか詳しく知らないんですよ(苦笑)。

|

« 電子音楽な日々(4) | Main | 電子音楽な日々(6) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98169/5436862

Listed below are links to weblogs that reference 電子音楽な日々(5):

« 電子音楽な日々(4) | Main | 電子音楽な日々(6) »