« October 2005 | Main | January 2006 »

11/16/2005

電子音楽な日々(10)

今回は、さらりと流します。
いや、実は資料を探していたのですが、見つからなかったのです。ですから、今後見つかって詳しく書けるようになったら、書き直します。

翌年、つまり私が4年生の時、7月頃に電子音楽のコンサートが学内で開かれました。これは、前年より一歩進んで、「公開」つまり、一般の人も入場出来る形でのコンサートでした。出品者も学生(大学院生)中心よりも、中堅どころの作曲家が多く参加いたしました。前述のように資料が見つからないので、詳しく書けないのですが、南弘明氏が出品していたのは覚えています。その作品は、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」に基づいた、朗読と電子音による作品でした。しかし、正式な作品のタイトルは覚えていません。南氏のHPがあった記憶がありますので、調べようかと思いましたが、簡単な検索ではわかりませんでした。

Continue reading "電子音楽な日々(10)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/09/2005

電子音楽な日々(9)

芸術祭が終ると、少々のインターバルの後に、後期の日程に入っていきます。その時は、特にこれと言った課題は出ませんでした。「自分でテーマを探してみましょう」という意味もあるでしょう。ただ、後期は活動が閑散としてしまうという意味の方が大きいと思います。実は、作曲科の学生は、この時期提出作の作曲をしなければなりません。私も含む3年生はオーケストラ作品、上の学年の4年生は当然卒業作品となります。卒業作品は一応何でも良いことになっていますが、電子音楽やテープ音楽は多少問題です。つまり、楽譜を提出しなければならない事になっていましたので、テープ音楽と言えども楽譜を製作しなければならなかった訳です。実際問題として卒業作品として、テープ音楽作った人は、過去にも現在にも聞いた事がありません。何でも良いという建て前はともかく、ほぼ100%オーケストラ作品と決まったようなものです。オーケストラ作品は、書くのに時間がかかります。それだけに集中しても最低1ヶ月は欲しいところですし、提出の時期が年度末の試験の時期と重なりますので、後期に入った頃には準備にかかっていなければなりません。

Continue reading "電子音楽な日々(9)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | January 2006 »