« September 2008 | Main | December 2008 »

10/25/2008

バンドと共に(3)

そうこうしているうちに、多くの楽器店は店内に掲示板があり、「メンバー募集」が掲示されている事に気付きました。その当時も雑誌「プレイヤー」は存在していたのですが、私は(不覚にも)この雑誌が「メンバー募集」の情報交換の目的で多く買われていたという事実を知らないでいました。という事で、私にとりましては、楽器店の掲示板が唯一の情報源だったわけですが、その事に気付いたその日だったか次の日だったか、とにかくほとんど最初の頃に見かけた記事が非常に気になりました。詳しい文面は覚えていませんが、「ビートルズを好きなキーボード募集」のような感じだったと思います。

その頃は、洋楽ポピュラーを聴き始めた時期から1年以上経過していたと思いますので、ビートルズ関係はほとんど、その他にもいくつかのグループを聴いていました。記憶がいまいちはっきりいたしませんが、前回名前をあげたバンドの他にも、ピンク・フロイド、10cc、ELP、トラフィックあたりは聞いていたと思います。とにかく、掲示板の記事が気になりましたので、そこに書かれている電話番号を一生懸命記憶しようとしました。何故か筆記用具は使いませんでした。たまたま持っていなかったのだと思います。で、思いついたのが数字をドレミの音に置き換えて、そこで出来たフレーズを記憶するという方法です。これは思いがけず良い方法で、その時覚えたフレーズはいまだに頭の中にあります。とにかく、これがステージ・フライトとの出会いのきっかけです。

Continue reading "バンドと共に(3)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/17/2008

バンドと共に(2)

図書館で借りたビートルズの「オールディーズ」、イエスの「海洋地形学の物語」、ムーディ・ブルースの「童夢」、ストーンズの「レット・イット・ブリード」、自分で買って来たミッシェル・ポルナレフとサイモン・アンド・ガーファンクルの日本独自の企画編集盤、エアー・チェックしたビートルズのソロ・・・・これは、2回に分けてジョンとポール、ジョージとリンゴのソロ・アルバムからセレクトした曲を流した番組でしたが、ジョージとリンゴの回は録音に失敗して、テープとして何度も聞いたのはジョンとポールのみです・・・・これが最初の頃に聞いた洋楽ポピュラーのリストです。この中で一番良かったのがイエス、その次がムーディ・ブルースでした。今でも続いているプログレ好きはこんなところから来ているのでしょう。不思議なのがピートルズ関係の印象があまり良くなかった事です。サイモン・アンド・ガーファンクルも聞いていて辛かったのですが、この場合は、曲が年代順に並んでいた、つまり初期のフォーク調の曲が最初に並んでいたので無理も無いところでしょう。いきなり英語の歌詞のフォークは、歌詞の内容も理解できませんし、ちょっと辛いですよ。

まあしかし、その後まずビートルズを揃える事から開始いたしました。何故かというと・・これがまあ、誰も思い付く人はいないような理由なんですね。

Continue reading "バンドと共に(2)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/11/2008

鏡の国のアリス(16)

このシリーズの前回のエントリーを書いてから3年以上が経過しています。いきなりここで続編を書くのは、当然ながら事態に変化があったからです。前回の時点では歌の録音のところで止まってしまっていました。誰か歌手を頼むというのは、けっこう大変な事です。曲自体、半端ではなく難しい曲が揃っていますので、その辺にいる歌自慢の素人というわけには行かず、かなりの実力のあるセミプロ以上の人材が要求されます。また、それとは別に、題材が題材ですので声質が合うか合わないかという大問題があります。つまり、やってみて「やはり声が合いません」なんて後から断わるという可能性があってはならないので、選ぶ時点で相当に慎重にならざるを得ないのです。

ところが、時代が変わると話が変わってくるのです。この3年で何が変わったのかと言いますと・・・・

Continue reading "鏡の国のアリス(16)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2008 | Main | December 2008 »