« 大川義行氏の想い出(11) | Main | 大川義行氏の想い出(13) »

12/02/2016

大川義行氏の想い出(12)

「ムービーキッズ」の次のシーズン、2007年から2008年にかけての時期は、相当に忙しかった印象があります。別な言い方をすれば実りの多いシーズンだったという事にもなります。この時は、「じゃじゃ馬馴らし」と「南総里見八犬伝の謎」という2本のミュージカルが生まれました。「じゃじゃ馬馴らし」は劇団サンブキッズの演目、「南総里見八犬伝の謎」の方は千葉県民参加ミュージカルと称して出演希望者を一般公募した形の単発の公演です。この2本は、大川さんにとっても私にとっても書き下ろしの新作になります。大川さんは、劇団ルネッサンスの公演も抱えたいたはずですが、新作2本に挑むという事は、それだけ気力体力共に充実していた時期だったという事でしょう。この2本は大川さんと私のコラボ作品の中では間違いなく最高作の候補です。さらに、大川さんにとっては私以外の作曲家との作品まで含めてもかなりの位置に来るのではないかと思います。実際、後々大川さんが「あれは良かった」という言い方で一番話題にした作品は「南総里見八犬伝の謎」だった印象があります。

実は2本のミュージカルはほぼ平行作業で作られました。最初に話を聞いた時の記憶が無いので困りますが、「次回は2作」と最初から話があった可能性もあります。私としてはっきり記憶しているもしくは記録があるのは、「南総里見八犬伝の謎」の出演者応募締切が8月末でしたので、それまでに「じゃじゃ馬馴らし」を出来るだけ進めてしまおうという事で、夏の間に台本が少しずつファックスで届き、断続的に歌の曲の作曲をしていた事です。そのかいがあって、10月頃には「じゃじゃ馬馴らし」の歌の曲11曲とオープニングテーマの作曲は一通り済み、楽譜の作成までは完成いたしました。音の録音は後回しになっていましたが、本番が翌年の5月の予定でしたので、かなり時間的余裕があった事になります。一方「南総里見八犬伝の謎」の方はなかなか台本等が届かず、11月くらいまで待たされて「大丈夫か?」と心配になりました。こちらの本番は3月の予定でした。

このあたりの日付は、珍しく記録があるのですが、10月28日に突如「八犬伝」の練習予定表がファックスで届きました。書き忘れていたのですが、この時期(何時頃の事だったのか失念しています)大川さんは事務所を移転していて、ご近所という訳にはいかなくなりましたので、それ以後ポストに直接投函するのではなくファックスを使うという方法を取るようになりました。予定表には11月4日に出演者の顔合わせとあらすじの配布、その翌週に歌の練習の開始と書かれていました。台本も歌詞も届いていないのに、予定だけは決まっていたようです。

翌週の11月4日にファックスが1枚届きました。これはスクリプト、つまりあらすじだけではなく全体のシーンの構成が書かれたものですが・・・これ1枚届いても私としては何もやりようがありません。待っているしかありませんので、この期間は「じゃじゃ馬馴らし」の録音を進めていました。このミュージカルは、イギリスのトラディショナルミュージックの雰囲気を持たせようとしました。メインとして据えたサウンドつまり楽器は、1つはアコーディオン、もう1つは小型パイプオルガンです。パイプオルガンなどと言うと違和感を持たれるかも知れませんが、イギリスとは限りませんが、ある時期・・・吟遊詩人が普通に街角に立っていた時期ですが・・・・これは今でも無いとは言えませんが、一番盛んだったのは18世紀頃だったでしょうか・・・小型パイプオルガンに自動演奏装置を付けた楽器を持ち歩いていた詩人が存在していました。自動演奏というのはオルゴールの一種で、音色が小型のパイプオルガンという事になります。小型で持ち運べると言ってもパイプオルガンですから、馬車に乗せて運ぶのが普通だったと思います。ただ、当時は現在のチェロくらいの大きさのオルガンの一種もあったようです。ハーディ・ガーディなどと呼ばれていたはずですが、細かい違いがいろいろいあり名称も10以上はあると思います。

実際にイメージとして参考にしたのは、ディズニー映画「メリー・ポピンズ」に出てくる大道芸人バートの登場シーン・・これは知っている人にはけっこうインパクトがありますね。サウンドとして参考にしたのはイギリスのバンド、ジェスロ・タルとフェアポート・コンベンションです。トラッドフォークと呼ばれているバンドは他にもありますが、圧倒的にこの2バンドです。この2バンドは、どちらかと言うと軽めのサウンドが特徴で、それが題材にマッチしているように思いました。

一方、この時期は「南総里見八犬伝の謎」はオーケストラサウンドにしようかと考えていました。某NHK(某の意味が無い!)の大河ドラマのイメージですね。この作品について大川さんからの動きがあったのは11月25日の事でした。

|

« 大川義行氏の想い出(11) | Main | 大川義行氏の想い出(13) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98169/64552370

Listed below are links to weblogs that reference 大川義行氏の想い出(12):

« 大川義行氏の想い出(11) | Main | 大川義行氏の想い出(13) »