10/10/2011

録音の世界へ(2)

大学3年生の秋から冬の頃、ちょっとして事件がおこりました。この話は「バンド」のシリーズで既に書いた事ですが、バンドの「メンバー募集」の繋がりの中から1人の人物と知り合いになった事です。彼の名は矢沢和明君と言い、最初は当時私がやっていたバンドに加入してもらうつもりで連絡を取りました。その時には既に別なバンドとの話が先にありましたので、結果的には私の方のバンドに入る形にはなりませんでしたが、その後友人として付き合う事になりました。

その矢沢くんは、自宅にいろいろな機材をため込んでいて、一言で言えば宅録のスタジオのような状態にしていました。これは私にとっては大変な驚きでした。当時の私は大学のスタジオをかなり自由に使える状態で、機材もとても個人では手に入れられないような高価なものが揃っていましたので、他人から見れば羨ましがられるような恵まれた状態でした。しかし、かなり自由に使えると言っても1日せいぜい8時間、日曜祭日は休みですし入試等で学校に入れない期間もありますし、卒業までという期限もありましたので、矢沢くんのような何時でも使えるスタジオは一種憧れの存在でした。

Continue reading "録音の世界へ(2)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/05/2010

録音の世界へ(1)

このシリーズは、「電子音楽」シリーズの続きと「バンド」シリーズの第11回から分岐して来る形の内容になります。この第1回のエントリーは、今までの流れを押さえる形の記述から入りますので、しばらくは内容的に重複する部分がある事をご承知下さい。前記2つのシリーズも合わせてお読みいただければ、全容がわかりやすいと思いますので、どうぞよろしく。

私は元々録音はそれほど強い方ではなかったと思います。もっとも、父がどういう理由なのか小型のテープレコーダーを持っていましたので、いつの間にかそれが私のおもちゃ代わりになっていたという事はあります。その時はテレビから流れる気に入った音楽を片端から録音して聴いていたという形でした。その頃のテープそのものは保管してありますが、それを再生する手段がなかなか無くて、中身を確認する事が出来ないでいます。その後、いわゆるステレオを買ってもらったのが中学に入る頃でした。そのステレオは本体+スピーカー2本の3点セットのタイプで、本体にはレコード・プレイヤーとAM・FMチューナーがあり、録音機能は無かったと思います。その当時の機械は押なべてそんな感じだったと思います。

Continue reading "録音の世界へ(1)"

| | Comments (1) | TrackBack (0)